リンドヴルムでは、

*大人のための「リンドヴルム手づくりの会」(羊毛人形づくり、糸車で紡ぐ毛糸づくり)も随時開催しています。

参加費 500円(お茶・お菓子つき・材料費別)

営業時間内のご都合の良い日時を電話かメールでご予約ください。(1~2時間程度)

 

 

最新の人形は M'diary で紹介しています。

 

このページでは、過去開催したワークショップの様子や、長い時間をかけて丁寧に作られた羊毛人形を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹精込めて作られた羊毛人形たち

 

2018年6月完成

防府市の N さん。

愛知県に住むお孫さんのために作られました。ハワイアンキルトやさまざまな手芸に親しまれてこられた N さんは、とてもお上手で、細かい針目で、細部まできれいに仕上げられました。 

N さんのコメント。「愛知県に住む、10月に2歳になる孫のプレゼント用に製作しました。お盆に帰省した時の喜ぶ顔を待ち望んでいます。しかし私の手元から離れてしまうのは淋しい気がしています。毎回楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きワンコインでは申し訳ないような気持ちでした。ありがとうございました。」

 

 

 

 

 2018年5月完成

山口市の Y さんと N さんは、ふたりで就園前のお子さんを一時預かりに預けて人形作りに来てくださいました。「そんなに頻繁には来れないから…」とほとんどの部分を家でコツコツ作られて、かわいい人形が出来上がりました。Y さんは、同時に2体のお人形を作られました。

 

Y さんのコメント。「5 歳の兄と 3 歳の妹はライバル。仲良く遊んでいたかと思うと、いつの間にか喧嘩になって…離れておけば良いのに、またくっついて遊びだします。そんな二人のために、それぞれのお人形を作ることにしました。出来上がったお人形は、どことなく子どもたちに似ているような…。二人とも気に入って名前をつけて遊んでくれ、私もとっても嬉しく思っています。

私にとって、リンドヴルムで過ごす手づくりの時間はとても幸せなものでした。これも斎藤さんや一緒に通った N さんのお陰です。本当に感謝しています。

 

 

N さんのコメント。「実は出産前から、子どもに手作りのお人形を作りたい!!と思ってました。念願叶って、お友達とこつこつリンドヴルムに通い、うちに宿題を持って帰り・・・ようやく出来上がりました。

男の子のつもりでしたが、3才の息子はつばさちゃんという名前の女の子のお人形にして、かわいがっています。

家族が増えたようで、つばさちゃんがうちの中にいるだけでなごみます。まだパジャマしかないので、これからサロペットに帽子、靴を作りたいです!

 

 

 

 

 

2018年5月完成

宇部市のKさん。

とても丁寧に自分のペースで作られました。遠くから通うのは大変だったと思いますが、2歳の娘さんのためのかわいいお人形が出来上がりました。

Kさんのコメント。「娘の良いお友達になってくれるようにと思い作りました。初めての人形作りで戸惑うことも多かったですが、無事完成して嬉しいです。とても仲良しで自分で名前をつけてお写真をとるのがブームになっています。お出かけの時も「行ってくるね♪」と声をかけて行きます。夜一緒に寝ている姿をみるととても幸せな気持ちになります。今度は着せかえの服なども作っていけたらなと思っています。」

 

 

 

 

 

2018年3月完成

山口市のHさん。

2歳の娘さんのために作ろうと、お母さんに子守を頼んで作りに来られました。転勤が決まって最後は大急ぎになりましたが、ほぼ毎週通われて2,3か月で仕上げられました。フェルトの靴はお母さんの作品です。

Hさんのコメント。「初めてのお人形作りに自信がなかったけれど、気づけば時間を忘れるほど夢中になっていました。斎藤さんとお喋りしながら過ごす時間は楽しくてとても心地よく、毎回通う日が待ち遠しかったです。母と二人三脚で出来上がったこゆりちゃん♡娘も「すっごく可愛い~!」と気に入ってくれて抱っこしている姿を見るととても幸せな気持ちになります。可愛さのあまり私もついつい何度も手に取って眺めてしまいます。こゆりちゃんのグッズを作るのが今の私の楽しみです

 

 

 

 

2018年3月完成

岡山県の T さん。

2年ほど前に T さんのお母さんが、上の娘さんのために羊毛着せ替え人形を作ってプレゼントされていました。「娘が人形でよく遊ぶので、今度生まれてくる弟にも人形をあげたい。小さいものなら私にも作れるかな?」ということで、里帰り出産を機会に作られました。

とてもしっかりしたかわいい人形が仕上がりました。

 T さんのコメント。「作るのは思った以上に大変だったけど、かわいくできてとても嬉しいです。息子が遊んでくれる日が楽しみです」

 

 

 

 

 

2018年2月完成

山口市の Y さん。

ゆっくりと自分のペースで完成されました。とても丁寧に作られたので時間はかかりましたが、しっかりとしたかわいいお人形が出来上がりました。

1 年生の娘さんが「りりちゃん」と名付けて遊んでおられるそうです。草木染フェルトで作った靴も素敵です。

Y さんのコメント。「パーツが出来上がるごとに、ワクワク感が増し、出来上がった時の喜びはまるで私の分身が生まれたような気持でした。子どもの子どもまで喜んで遊んでもらえるのを思い浮かべながら、服や小物を増やしてあげたいです。」

 

 

 

 

 

お孫さんの初節句のお祝いにと頼まれていた人形が完成しました。

3月3日に間に合ってよかった。

着せやすいワンピースと、毛糸のワンピース(寒い時期に作っていたので)、フェルトの靴のセットです。

いい遊び相手になるといいな。

 

 

 

 

 

2017年12月完成

2歳のお孫さんのクリスマスプレゼントにと、注文を受けて制作していた人形です。定番のワンピースとエプロンのほかに、花柄のパジャマもお付けしました。

今頃は、名前もつけてもらって、一緒に遊んでるのかな、と楽しく想像しています。

 

 

 

 

 

2017年11月完成

山口市の T さ ん。

以前、3年生の娘さんに作られた T さん。今回は1年生の息子さんのために作られました。

T さんのコメント。「お人形作りは3体目です。作り始めると形になるまで、まさに妊娠期間のような、ウキウキ、ドキドキを味わいます。くせになります。男の子は女の子のように、お人形をお世話するわけではないようですが、心の友として大事にしてくれてます。息子はお人形誕生前から名前を一生懸命に考え、手渡すと『お母さんありがとう。うれしい以外に言いようがない』と言ってくれました。」 

 

 

 

 

山口市 K さん。

幼稚園のお友達何人かでいつもにぎやかに作られてました。

K さんのコメント。「5歳の娘がまだ4歳にならない頃に作り始めたような気がします。ゆっくりでしたが、やっと出来上がり娘にプレゼントできて、本当にほっとしました。出来上がるとホントにかわいくて、渡せたのが本当にうれしかったです。娘はすごく喜んで、りんちゃん、と名前をつけて一緒に過ごしています。早くお洋服をたくさん作って! とリクエストされているので、まだまだがんばりたいです。」 

 

 

 

 

2017年10月完成

宇部市の M さん。

2歳の息子さんのために家族で通って来られました。とても仲の良いご家族で奥さんが人形を作っている間は、ご主人が2人の子どもを遊ばせながら優しく見守っておられました。 

Mさんのコメント。「2歳の息子に弟ができ、赤ちゃんのお世話をまねるようになったのをきっかけに、お人形作りを始めました。2人の育児をしながら不安もありましたが、主人のサポートのおかげで、集中しながら楽しく作ることができました。思った以上に時間がかかってしまいましたが、3歳のお誕生日プレゼントにはなんとか間に合うことができました。」

 

 

 

 

2017年8月完成

山口市の Y さん。

小学2年生の娘さんのために、着せ替え人形を作られました。人形の洋服作りも楽しまれて、子どもさんが小さい時に着ていた服をリメイクして新しい服を作り、できあがると娘さんの枕元に置いておかれたそうです。

さっちゃん( Y さんの娘さん)のコメント。「着せ替えができるお人形が欲しくて、お母さんに作ってもらい、ゆきこちゃんという名前をつけました。大好きなぽあぽあマリアちゃんだけより、ゆきちゃんが仲間入りしてから、お人形で遊ぶのが何倍も楽しくなりました。」

 

 

 

 

2017年6月完成

周南市の T さん。

大阪に住んでいるお孫さんのために片道1時間以上かけて通って来られてました。週1回のペースで毎週通われて、ほぼ2ヶ月で完成させられました。手間がかかるお人形をこの速さで作られた方はなく、新記録です。

T さんのコメント。「こんなに集中して楽しく製作したのは学生の時以来でしょうか。あっという間の一時でした。孫はまだ 1 歳半なので 2 歳になったら渡そうと思います。それまでチクチク服を増やしていけたら・・・と思っています」

 

 

 

 

2017年4月完成

山口市のTさん。

2年生の娘お誕生日のプレゼントに人形、手編みのワンピースと手編みのバッグ(編み物が初めてとは思えない出来です)、フェルトの靴、ハンカチ入れ、ノートなどたくさん作られました。

Tさんのコメント。「娘の誕生日にプレゼントできました。斎藤さんの手ほどきのおかげで、楽しくて楽しくて時間を忘れてしまうこともしばしばでした。たっぷり時間をかけて(かかった?)大事に作ったお人形は、今、名前もついて娘がとても愛おしそうに着せ替えている姿がみられます。なんという幸せ~。幸せをありがとうございました。」 

 

 

 

 

2017年3月完成

山口市の M さん。

「娘たちはあんまり興味がないみたいだから自分用に作る!」と人形作りを始められました。今では、娘さんのお気に入りの人形になったようです。 

M さんのコメント。「我が家のひとみちゃんがやっと完成しました。なかなか進まず、何度か挫折しそうになりました。実は自分用にと思っていましたが、大切にしている娘にあげてもいいかな。娘がお嫁さんになる日にはウェディングドレスを作って着せてあげるのがゆめです。」

 

 

 

 

 

2016年12月完成

宇部市のN さん。

N さんのコメント。「木のおもちゃを見に行って一番ひかれたのが手づくり人形。一目見て " 娘に作ってあげたい" と思いリンドヴルムに通いました。子育てしながら宇部から通うのは "大丈夫かな" と不安もありました。

そこで、主人に相談したところ、快く協力してくれました。主人のおかげで人形作りに集中することができ、またそれが育児中の休息にもなりリフレッシュできました。人形の服は、せっかく作るのなら思い出に残るようにしたく、娘が3~5ヶ月頃来ていた服で作りました。 

初めてのX'masプレゼントとして娘のもとへ。喜んで遊んでいる姿を見ると、作って良かったです。リンドヴルムは居心地がよく、また人形を作りに行きたいです。ありがとうございました。」

 

 

 

 

2016年12月完成

山口市の Y さん。

Y さんのコメント。 「小2の娘の誕生日の朝、出来上がったお人形を手渡すと、内緒にしていたのでびっくりしていました。そしてすぐにみみちゃんと名付けて、髪の毛を結んだり服を脱がせたり着せたりを繰り返していました。兄(小5)も髪の毛を整えてあげたり、弟1才4ヵ月も抱っこしまくって参戦。取り合いにならないでね…

長い時間をかけ、間違えたり立ち止まったりしながら、少しずつ出来上がっていく喜びは完成に近づくにつれどんどん大きくなりました。リンドヴルムに手作りに来られた方とチクチクする時間が楽しく、色々な面で励みになりました。ありがとうございました。」

 

 

 

 

2016年11月完成

山口市の M さん。

小学2年生の娘さんのために作られました。

M さんのコメント。「裁縫が大の苦手だった私が、コツコツ教室に通い約半年間かけて完成させました~~。娘に完成したお人形を手渡した時の顔は今でも忘れられません。現在は、娘からお人形のお洋服や靴のリクエストがあり、教えてもらいながら製作しております。」

 

 

 

 

 

2016年10月完成

山口市 I さん。

下関に住む3歳のお孫さんのために人形を作られていました。細部まで丁寧に、納得いくまで作られる姿に私もたくさんのことを教えていただきました。

I さんのコメント。「孫はお人形を見た瞬間、なぜか照れてましたが、すぐに自分の髪どめを持ってきて髪をさわったりして遊び始めました。完成まで時間がかかりましたが、目と口を入れた瞬間お人形に命が宿ったようでとても不思議な気持ちになりました。最初は私にできるかしら? と思っていましたが、今思うとお人形を作ってた時間は、とても幸せな時間だったと感じています 。」

 

 

 

山口市の某幼稚園からの注文で抱き人形を2体製作しました。

年中さんの子どもたちと、一緒に遊んでいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月完成

山口市の K さん。

2歳の娘さんのために作られていた K さん。「洋裁は苦手なんです」と言われていましたが、物を作る仕事(パティシエ)をされているせいか丁寧に、集中して短期間で仕上げられました。

K さんのコメント。「出来上がったお人形さんは、2歳の娘が自分と同じ名前をつけ可愛がってくれています。私の母がお人形のお洋服をたくさん作ってくれているので、これからお着替えなどもどんどんさせてあげてほしいです。娘は一人っ子なので、これからも娘の相棒として、親友として、いつでも娘の側にいてくれたらな、と思っています。」

 

 

 

 

2016年6月完成

山口市の S さん。

弟が生まれる前に1歳の娘さんに渡したいと作り始められたお人形です。大きいお腹で出産直前まで通ってこられていた S さん。出産をはさんで1年がかりで仕上げられました。

S さんのコメント。「時間はかかりましたが、その分愛情はたっぷりです。」

今では、娘さんのいい遊び相手になっているそうです。

 

 

 

 

山口市の Y さん 。

幼稚園の息子さん用に 2つめの人形を作っていた Y さん。短い髪の毛に苦戦しながらもかわいいお人形を仕上げられました。

Y さんのコメント。「息子の6歳の誕生日プレゼントにと思い作りました。3つ上の娘が、以前作ったひと回り大きい女の子のお人形で遊んでいるので、お人形同士も仲の良い姉弟になってくれたらと思います。」

 

 

 

 

 

 

2016年5月完成

山口市の I さん。

岡山県に住む2歳のお孫さんのために作られました。昔は子どもさんの服も手作りされていたという洋裁の得意な I さん。着せ替えのお洋服もたくさん作られました。

 I さんのコメント。「孫のいいお友達になってくれたらうれしいな」